南陵

フォレスト・セイバー・プロジェクトとは?

FSPJの目的

  • 富士山の森としてふさわしい地域性溢れる緑の復元と創出を目指す。
  • 「南陵の森」を、地域の貴重な自然資源を守る環境林として整備するとともに、地域の様々な人々を繋ぐコミュニティの森として活用する。
  • 人と森との関わりを推進する環境学習や森林保全活動を通じて、健全な人材の育成に貢献する。
  • 人と森の持続的、多目的な関わりを推進する活動を通じて、富士山を望む森林を守り育てる人づくりを目指す。
  • 南陵の森を、地域の、地域による、地域のための資産として位置づけ、富士山南陵工業団地への進出企業と地域社会とを繋ぐコミュニティの森としての森づくり、森活用を行う。

FSPJの取り組み体制

地域に根ざした森づくりスキーム・10年間の森づくり
企業の発展企業力のアップ

社会法人南陵の森フォレストセイバーの紹介

(一般社団法人)富士山南陵の森フォレストセイバー

【社員総会】
社員
(1) 山田辰美(常葉大学社会環境学部教授)
(2) 野田和義(大成建設株式会社都市開発本部)
(3) 佐藤憲和(株式会社佐藤工機代表取締役社長)→工業会設立後は、工業会へ地位譲渡
【理事会】
代表理事 山田辰美
理事
(1) 山田辰美
(2) 野田和義
(3) 佐藤憲和→工業会設立後は、工業会へ地位譲渡
監事 林 健二
計画・予算の上申活動実施報告 ↑↓  審査・承認・助言・指導
【事業委員会】
・NPO法人森林インストラクターしずおか
・NPO法人ホールアース研究所
(業務内容)FSPJの活動に関する企画立案、実施
従業員の職場環境・企業の福利厚生





富士山環境交流プラザ

問い合わせ先

アクセスマップ