南陵

南陵の森からのお便り~冬苺~(2020/1/31)

|
寒い日が続きますがみなさまいかがお過ごしですか?
天気も良く、今日は少し温かい南陵の森です。

まだ冬らしい森の中ですが、、緑色の葉が茂っているこの植物は目立ちます。
DSCN2573.jpg

その名も「オニシバリ」。
オニも縛れるくらい丈夫だからこの名前だそうです。
冬に青々して夏に葉を落とす、珍しいタイプの植物です。
もうすぐ節分ですね!オニシバリの近くからはオニが逃げていくかな?

足元には、フユイチゴがなっているのを発見!
DSCN2662.jpg

赤くて、とてもおいしそうです。(少し酸っぱかったです・・)
イチゴの仲間はこの森にもたくさんありますが、冬になるのはこの「フユイチゴ」。

そして、今日は小さな鳥たちにたくさん会いました。
DSCN2604.jpgDSCN2613.jpgDSCN2642.jpg

先日の企業のみなさんの森の手入れのおかげで、歩きやすくなっていますし、柵もきれいになっています。
ぜひお越しください。





富士山環境交流プラザ

問い合わせ先

アクセスマップ