南陵

南陵の森からのお便り~カラフルな実~(2019/12/13)

|
12月に入り、寒くなりましたね。
南陵の森も、葉を落とした木が多くなりました。

その中で目の高さに赤い実がたくさん。
1912noibara.jpg
ノイバラです。ローズヒップですね!
バラの果実という意味です。

こんなかわいらしいつるもあります。
ツルウメモドキ。
1912turuumemodoki.jpg

このぶら下がっているのはノササゲ。マメ科のつる植物です。
1912nosasage.jpg

足元にも、こんなに真っ赤な実が。ヤブコウジ。
1912yabukouji.jpg
赤い実をつけて縁起が良いので千両や万両と並べ、十両とも呼ばれます。

こちらはジャノヒゲ。
1912janohige.jpg
これも足元をよーく見ないと見つけられません。

写真にはとれませんでしたが、カケスやコゲラにも会えました♪

寒くなって足元の葉もクモも減り、歩きやすくなった森です。
ぜひお散歩にお越しください。





富士山環境交流プラザ

問い合わせ先

アクセスマップ