南陵

マメ科の花が見ごろです(2019/9/10)

|
少し秋らしい風が吹くようになりましたね。
「秋の七草」にも、マメ科の花が2種類(クズとハギ)出てきますが、ここ南陵の森でもマメ科の花が目に付くようになりました。

まず上のほうから甘い香りがするのは・・
「クズ」です。
kuzu.jpg

今度は、下のほう、草に巻きついているつる植物に丸い感じの黄色い花と、まっすぐな豆が!
「ヤブツルアズキ」です。
yabuturuazuki.jpg

足元の小さなピンクの花、「ヤハズソウ」。
yahazusou.jpg

種がおもしろい!「ヌスビトハギ」
これが盗人の忍び足に似ているから、とか、これは人や動物にくっついて運ばれるので、いつのまにかついているのを盗人のようだ、とかいうことです。
nusubitohagi.jpg

ヌスビトハギの果実は2連ですが、こちらは4連!
「アレチヌスビトハギ」です。
aretinusubitohagi.jpg

マメ科の花は独特で、かわいらしいですね。
小さいですが、出会ったらよく見てみてください。

また、歩いていると、足元にたくさん咲いている「キツネノマゴ」の花に、いろいろなチョウが蜜を吸いにきている所に何度も遭遇しました。
キツネノマゴ、おいしいのかな?
kitunenomago1.jpgkitunenomago2.jpgkitunenomago3.jpgkitunenomago4.jpg


ぜひ会いに来てください。






富士山環境交流プラザ

問い合わせ先

アクセスマップ